介護リフォームの調査に行ってきました。

リニューアル営業部の渡部です。

本日は、市川市内、介護リフォームの現地調査にお伺い致しました。

高齢化社会の只中、お客様から介護系リフォームに関する、お問い合

わせ年々増加しております。

今日は、介護リフォームをする「前」段階のお話を。

お問い合わせのお客様から、お話をお聞きすると・・・

(例)

お風呂場で転倒して骨折した・・・

階段で転んでしまった・・・・

洋室と和室の段差で転んだ・・・

等々、住み慣れた「我が家」の中で、お怪我(事故)をなされる

ケースが非常に多い様に感じております。

あらゆる事故には、原因があり、その「予兆」が必ずございます。

これは、本日、お伺いさせていただいた住宅の階段。

赤丸部分が際立って、クロスが汚れています。・・・・

これは、先ほどの写真と反対側の階段壁。さらに強い汚れがあります。

この汚れ・・・正体は「手垢」の跡です。

利き手が右、右足の機能が低下していた為、「下り」がお辛かったそうです。

結果、階段ではなかったのですが、トイレで転倒・・・

大腿骨を骨折してしまい、リハビリ療養中との事。

(残念ながらトイレにも手摺はなかったです。)

手垢の感じから、相当、我慢してお住まいだった事が伺えます。

右足の機能は更に低下。今回の事故で治療にかかる時間と労力

ご家族の負担は更に「倍増」してしまいました。

高齢者の方がお住まいになる住居に行かれる際、「壁の手垢」を見てあげてください。

もし「壁の手垢」があったら、その場所に手摺を取り付けてあげてください。

防げない、「事故」は無いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください!

こちらのフォームにご記入の上、送信してください。改めて担当者よりご連絡させていただきます。