断熱について考えてみましょう ~快適・健康に暮らす為に~

こんにちは、アービック建設 景山です。

皆さんはお盆休みはどこかにお出かけになりましたか?今年は台風と重なり、予定をずらしたり繰り上げた方も多いのではないでしょうか。

 

さて、毎日猛烈な暑さが続いておりますが、皆さんは熱中症対策はされていますか?

スポーツドリンクをこまめに飲んだり、塩飴を食べたり気を付けているかと思いますが、

熱中症の発生場所として意外にも一番多いのが『住宅内』なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、健康で快適に過ごしていくために『断熱』リフォームをオススメいたします!

断熱と聞くと「家全体を断熱しないといけないの?」「なんだか難しそう」思われる方もいらっしゃるかと思いますがお家の中で最も熱の出入りが大きいのは窓なんです。そのためまず窓から入ってくる熱を防ぐことが効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏場は開口部(窓)から約73%もの熱が入り込み、この熱が熱中症を引き起こす原因となります。

日射しは家の中に入ると熱に変わり、室温を上昇させます。できるだけ外側で遮断して家の中に日射しを入れないことが重要です。

 

そこでオススメしたいのが、スタイルシェード(外付日よけ)とインプラス(遮熱・防音内窓)です。

■スタイルシェードとは、窓の外側で太陽の熱を遮り室内の温度上昇を抑える外付スクリーンのことです。

昔ながらのすだれも効果は高いですが、見た目がちょっと格好悪いですよね。

その点スタイルシェードは住宅外観になじみやすいカラーバリエーションで見た目もスタイリッシュで外観を損なうことがありません。日差しの熱を大幅にカットすることができます。

 

■インプラスとは、すでにある窓の内側にもう一枚窓をプラスすることです。

窓と窓の間に空気層ができ、断熱性と遮熱性がアップします。冬場の嫌な結露にも効果が期待できます。

 

スタイルシェードもインプラスも、簡単に取り付けることができるので、お気軽に断熱リフォームをすることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風の通り道を考えた動線や間取りの変更も併せて行うことで、より効果を高めることができます。

キッチンやお風呂、トイレ等の設備はリフォームする方が多いですが、目に見えない断熱のことは忘れ去られがちです。ですが、健康で快適に暮らしていくために断熱はとても大切なことですので、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。