ミニ☆いちかわ2019 in 行徳駅前公園 大賑わい!

こんにちは、アービック建設 景山です。

 

2019年10月5日(土)・6日(日)と2日間に渡り行われました『ミニいちかわ2019 in 行徳駅前公園』は大大大盛況で幕を閉じました。

あいにくのお天気で雨も強まる時間帯もありましたが、子どもたちは天候に負けず元気いっぱいで『ミニいちかわ』を楽しんでいました♪

 

『ミニいちかわ』とは、NPO法人市川子ども文化ステーションさんが中心となり、さまざまな文化的な体験を通して子どもたちの自己肯定感を育む活動の一つです。

 

10:00の開始よりもかなり早い段階から、会場の行徳駅前公園では長蛇の列が連なり、今か今かと始まりを待つ子どもたち。

行列はUターンして写真に収まりきらないほどでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アービック建設の『木製工房』ブースは、職安の真横にてスタンバイ。

やりたいおしごとの職業カードをGETした子どもたちが一斉に各お店に走りこんでいきます!

木製工房アービック建設は一瞬にして定員オーバーの状態に(^^;)あまりの熱量に圧倒されるばかりです。

 

この日は、おうちで描いた図面を持って参加してくれた子もいました。気合いが入っています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなおもいおもいの作品を作っていきます。人気なのはイスと小物が飾れる棚ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「完成したよー!!」と得意げな子どもたち(*^▽^*)

かなづちに苦戦しながらも自分で作り上げた時の喜びは忘れられない思い出になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木製工房の他にもいろいろな職業体験がありました。

まちの安全を守る、パトロール隊です。制服が決まっていますね☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市川消防局 予防課さんとの合同企画☆ 建設現場で事故発生!救助要請しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おなかが減っては戦(おしごと)はできぬ。肌寒い日にはラーメンがぴったり☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんはたらいて疲れた時には甘~いわたあめでホッと一息♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分たちが作った作品や食べ物が売れて、お金(メティ)がもらえるのは本当にうれしいですよね。

立派に働き終えた子どもたちは、とても誇らしげで、少しだけ大人びた表情になったように感じます。

 

最後に、雨の中がんばって働いてくれたおともだち、お疲れ様でした。

イベントスタッフ、ボランティアの方々、本当にお疲れ様でした。

また来年、パワーアップして成功させたいですね。ミニいちかわ2020もお楽しみに☆

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

アービック建設ブースを終日お手伝いいただきましたボランティアさん、

本当にありがとうございました!!スタッフだけではとても手が回らなかったので、感謝の気持ちでいっぱいです。

また、販売コーナーをお手伝いしてくれたおともだちもありがとうございました!

見事な手腕で、木材を売りさばいてくれました。ありがとう!!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。