より便利になった電動シャッターで防犯・台風対策しませんか?

こんにちは、アービック建設 景山です。

先日の台風では、これまで体験したことのないような大雨と強風に見舞われ、不安な夜を過ごされた方々が多かったのではないでしょうか。

かくいう私も、自宅が古く、すべての窓に雨戸がついているわけではありませんので、布テープで補強しただけで、「どうか窓ガラスが割れませんように」と祈るしかありませんでした。

雨戸やシャッターがあるだけで、安心感は全く違うものですね。

台風のような強風で窓ガラスが割れると、飛散したガラス破片が大変危険なことに加え、

割れた窓から突風が入り込み、揚力で屋根は簡単に持っていかれてしまいます。

窓ガラスを守る雨戸やシャッターは、お住まいを守るための大きな役割をもっています。

 

 

そこで、リクシルの隠れ人気商品、電動シャッター(トステム)をご紹介したいと思います。

リクシルのリフォームシャッターは、3つのタイプから選ぶことができます。

ご自宅に最適なシャッターを見つけましょう。

①標準タイプ(操作方法/スマート電動 or 電動 or 手動)

②採風タイプ(操作方法/スマート電動)

③耐風タイプ(操作方法/電動 or  手動)

 

①標準タイプは基本的性能を備えたベーシックなシャッターです。

操作方法は3つから選べますが、オススメなのはスマート電動タイプです。

お手持ちのスマートフォンに、LIXILのLifeAssistを連動させることで、外出先からも操作することができます。急な悪天候になった時には、急いで帰宅しなくても手元で簡単にシャッターを下ろせるので安心ですね。スマートスピーカーでの音声操作にも対応できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

②採風タイプは、フラップスラットが開くことにより採風だけでなく採光・遮蔽の特徴もあります。

シャッターを閉めたまま風を採りこむことができるので、エアコンが苦手な方にもおすすめです。

また、外からの視線をカットしプライバシーを守ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

③耐風タイプは、その名の通り①②よりもタフな作りになっています。(耐風圧:800Pa)

価格を抑えるのであれば手動タイプもいいですが、オススメは電動タイプです。高性能リモコンのタイマー機能を使えば、起床時間に合わせて朝日を採りこむ、なんてこともできます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無防備な窓は侵入者に狙われる危険性があります。

また、今後温暖化が進み続ければ、残念ながら台風等の自然災害は増えることでしょう。

侵入者と、強風等から大切なお住まいを守るためにも、ぜひシャッターをご検討ください。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。