暗いこわいトイレから、女性社員待望のキレイトイレへ。事務所トイレ新設(LIXIL サティスSタイプ リトイレ)【市川市】

施工後

AFTER
施工前

BEFORE

弊社事務所のトイレですが、灯台下暗しとはまさにこのことで、お恥ずかしながらこれまで1つのトイレを男女共用として使用しておりました。年季の入った古いタイプのトイレは女性社員に大変不評でしたが、今回ようやく女性社員の願いが通じ、男女別々のキレイなトイレにリフォームされました!(LIXILサティスSタイプ リトイレYBC-S20H/BM8を導入)

建物種別 店舗・事務所
工期 約2週間
総工費 約200万円(税抜/男性用・女性用トイレ新設、給湯室移設工事含む)
こだわり・特徴 省エネ
追加画像1

リフォーム前の様子。向かって左側に共用トイレ、奥にキッチンがあります。男女別々のスペースを確保するため、奥のキッチン部分を別の場所に移動させます。

追加画像2

このキッチンを外に出し、男性トイレにリフォームします。床も擦れて見栄えが悪いですね。

追加画像3

昔ながらの流すだけというフラッシュバルブ(流すための手押しのレバー)タイプのトイレです。壁紙も無くくすんで暗く殺風景でした。ここを女性トイレにリフォームします。

追加画像4

「学校の怪談」に登場しそうな洗面台ですね・・・日中でも鏡を覗くのが怖いホラーな洗面台でした。洗面器下に収納スペースがなく、お掃除道具などをしまう場所もなくとても不便でした。こんなトイレでは入りたくなくなってしまいますよね・・・

追加画像5

リフォーム後の様子。なんということでしょう!殺風景で暗かったスペースに、白い壁紙と、床にタイル調のクッションフロアーを貼ったことで全体の印象が格段に明るくなりました。

追加画像6

新しい男性トイレです。小さな手洗いスペースを設け、使いやすくなりました。LIXIL サティス は、「アクアセラミック」という新素材を使用しているため、黒ずみや水アカ汚れが付きにくく、簡単なお掃除でキレイが続きます。お手入れが簡単なのが何より嬉しいポイントです。お掃除が楽しくなりますね~

追加画像7

こちらが新しい女性トイレと洗面台です。本当に明るくキレイな空間へ生まれ変わりました!「なんだか空気までキレイになった気がする」と思っていたら、実際にLIXIL サティスが活躍してくれていたんです。プラズマクラスターイオンと便器内のエアシールド脱臭で気になるニオイを消臭してくれるんですね。トイレは狭い空間のためニオイがこもりがちですがこの機能は大変ありがたいですね。

追加画像8

洗面台も新しくなりました。収納スペースがあるので、お掃除道具もスッキリ収納することができました。ちょっとしたことかもしれませんが、水回りをキレイに使いやすくすることはモチベーションアップや働きやすさにも繋がるかと思います。女性社員によるデモが起こる前に、他の企業の皆さんも「お手洗い問題」を解決して、働きやすい環境にしませんか?