【市川市】トイレの新規設置工事

施工後

AFTER
施工前

BEFORE

市川市にお住まいのお客様のお家のトイレの交換工事を致しました!
トイレを交換する時には大抵、天井や壁のクロスの張り替え、床のフローリングの張り替えも一緒に工事の中でします、なぜ一緒に床や壁も張り替えるのか
大きな理由としては前のトイレの跡が床に結構残ってしまっているという事です、トイレの掃除をこまめにしていてもどうしてもこの跡は残ってしまいます…そのあとに設置するトイレが前のトイレより大きければ特に問題はないのですが逆に小さい場合は跡が丸見えになってしまうのでせっかくトイレを新しい綺麗なものに変えても不格好に見えてしまいます、そんな時は床のフローリングもしくはクッションフロアを変える必要があります、また床を変えると床は綺麗になりますがそれに伴って壁の経年劣化による汚れが目立ってしまう問題が出てきてしまうため壁のクロスも変えたいなとなる事があります、他のトイレの施工事例でも大抵が内装の工事もしているので是非ご覧になってみて下さい。

【商品名】
メーカー:LIXIL
アメージュZフチレストイレ
品番:(本体)YBC-ZA10H+DT-ZA150HQS
(ウォシュレット)CW-KA21QV
(排水アダプター)CF-200S

住所 市川市
建物種別 一戸建て
工期 約半日
総工費 27万円(税抜)
こだわり・特徴 省エネ
追加画像1

前のトイレの撤去の工事と内装工事は終わっており、ここから新しいトイレを設置します!床の真ん中にある丸い穴が排水管です。

追加画像2

トイレを設置する前に排水アダプターを取り付けます、排水アダプターとはトイレと排水芯(排水管)を繋げるもので結構リフォームの現場でも使われています、排水管を動かすなどの大がかりな工事をしなくてもトイレと排水管を繋げられる便利なものでその場で職人さんが管の長さを調節して取り付けます。

追加画像3

新しいトイレの本体を排水アダプターの上に取り付けました!あとはトイレットペーパーを置く紙巻器とウォシュレットなどの操作をするリモコンの設置をします、紙巻器は元にあった位置に取り付けリモコンはお客様と位置を相談しながら設置します。

追加画像4

紙巻器とリモコンを設置し終わり工事が完了しました!便器部分がスッキリしていて凹凸も少ないので掃除もし易くなりました。

追加画像5

基本的に新しいトイレはそれ以前に出ていたトイレより使う水の量が少ないのでトイレを新しいものに取り替えると自動的に省エネにも繋がるようになっています、なので交換をすることで普段の生活環境が良くなるだけでなく節約にも地球環境にも良いトイレになります!