ソーラーパネル外しで屋根の軽量化(地震対策)【市川市】S様邸 屋根葺き替え(太陽光パネル取り外し)

施工後

AFTER
施工前

BEFORE

屋根に設置してある太陽光パネル(ソーラーパネル)を取り外し、屋根葺き替え工事を行います。
こちらのお住まいでは、太陽光パネルの老朽化にともない取り外しのご依頼をいただきました。
太陽光パネルは施工の際、屋根に穴を開け金具を固定していきます。そのため太陽光パネルを外すと、その穴から雨漏りが発生してしまいます。その穴を塞ぐだけですと、一時的には雨漏りはしのげますがいずれ不具合に繋がる可能性がございます。そのため屋根全体を葺き替えし直した方が雨漏りの心配はございません。

建物種別 一戸建て
工期 約1ヶ月(外壁塗装工事含む)
総工費 約250万円(税抜/仮設足場代、太陽光パネル撤去処分代含む)
こだわり・特徴 耐震:耐震
追加画像1

施工前。まずはレール状の金物の間にはめこんである太陽光パネルを外します。

追加画像2

太陽光パネルを1枚1枚丁寧に取り外していきます。1枚でも約20kg近くの重さがありますので万が一、下に落としてしまわぬよう慎重に行います。

追加画像3

レール状の金具も取り外していきます。

追加画像4

太陽光パネルの取り外しが完了しました。屋根の上にところどころある出っ張りがレールを支えていた部分になります。スレート瓦(コロニアル)自体も紫外線で色褪せてしまっています。

追加画像5

スレート瓦(コロニアル)と先ほどの出っ張った金具を取り外していきます。

追加画像6

スレート瓦の下にはルーフィングという防水紙が敷かれ、この防水紙が雨漏りを防いでくれるのですが、太陽光パネルを取り付ける行程でどうしても穴が開いてしまうのと、劣化してところどころ穴が開いてしまっています。このままでは雨からお住まいを守ることができませんので、まるごと張り替えていきます。

追加画像7

ルーフィングをキレイに貼りなおし、新たにスレート瓦を乗せて完成です。太陽光パネルを外したことで屋根の重さが軽減され、耐震対策にも繋がりました。