【市川市】S様邸 浴室リフォーム工事(LIXILユニットバス アライズBMUS-1616LBZ-A+HRC9)市川市あんしん住宅制度(補助金)利用

施工後

AFTER
施工前

BEFORE

『市川市あんしん住宅助成制度』を利用して、浴室をリフォームした施工事例です。ご高齢のお母様が安心して入れるお風呂を探して、娘様と一緒にショールームを見学し、浴槽内で腰掛けできる『アライズ』に決定いたしました。『アライズ』は浴槽の形を7種類もの中から選ぶことができます。また高断熱の浴槽が、お湯の温かさを長時間キープしてくれます。

建物種別 一戸建て
工期 5日間
総工費 約90万円(税抜)
こだわり・特徴 省エネ , 高気密・高断熱
追加画像1

施工前(浴室)です。タイル張りのお風呂は足元がひんやりし、断熱効果のない浴槽はせっかくの温かいお湯が冷めやすい状況でした。

追加画像2

どんなにお掃除に気を付けていてもどうしても目地から生えてしまうのがカビ。こちらのお宅でも、床タイルのカビは目立たないものの、浴槽との際のタイル目地にはびっしりとカビが生えてしまっておりました。また、置き場所に困るのが風呂フタ。フラットな板状のフタですと、立てかける場所もなく不便ですよね。

追加画像3

施工後(浴室)です。アクセントカラーとして『フラワーガーデン』の壁パネルを一面に設置したことで、高級感のある上質な雰囲気に生まれ変わりました。浴槽も既存のものより大きくなりましたので、ゆったりとバスタイムを過ごすことができます。写真ではわかりづらいかもしれませんが、浴槽の中は腰掛けられるようベンチのようになっています。これは、以前はお一人でお風呂に入ることが出来なかったご高齢のお母様が、リハビリされ、お一人で入れるようになったので、「手すりと腰掛けのあるタイプにしてあげたい。」との娘様の優しいお心遣いにより選ばれました。(エコベンチ浴槽)

追加画像4

タイルがなくなったことにより、目地カビを撃退する必要がなくなりましたのでお掃除がとても楽にできるようになりました。風呂フタも壁掛け出来ますので水滴が溜まらず、邪魔にもなりません。浴槽+風呂フタのWの保温で、お風呂の温かさが続きます。足元の『キレイサーモフロア』は水はけが良くすべりにくいので、転倒防止に役立ちます。