【船橋市】屋上防水改修工事 (改質アスファルトシート防水)

施工後

AFTER
施工前

BEFORE

ビルの屋上を防水工事していきます。写真ではわかりづらいかもしれませんが、BEFORE写真ではひび割れがところどころにあります。コンクリートは日光の紫外線にさらされるとどうしても乾燥してしまい、そこからひび割れが始まり、本来の防水機能が損なわれてしまいます。AFTER写真では、しっかりとシートが貼られているのがわかります。雨漏りになってしまってからでは大変なので、建物を守るためにも10年~15年に1度はメンテナンスをしましょう。

建物種別 その他
追加画像1

≪入隅部分シート増し貼り≫ まずは立ち上がり部分にゴムシートを貼っていきます。(黒い帯状の部分です。)この部分は弱いので、あとで貼るシートと二重になるようにして守ります。

追加画像2

≪改修用ドレン取付≫ 雨水が溜まってしまわぬよう、ドレンという水抜きを数か所設置していきます。

追加画像3

≪改質アスファルトルーフィングシート貼り≫ 準備が整ったところで早速シートを貼っていきます。隙間が空いたり、空気が入ってしまわぬよう丁寧に作業します。

追加画像4

≪立上り端部アルミ金物取付≫ シートを貼り終えたら、立ち上がり部分の端っこにアルミ製の金物を取り付けていきます。末端部分は特に劣化しやすい部分になるので、金物をつけることにより耐久性を高めることができます。

追加画像5

≪保護塗装≫ 仕上げに保護塗料を塗っていきます。防水層をコーティングすることで直接雨風や紫外線からのダメージを軽減し、防水効果をより長持ちさせることができます。