千葉県市川市ベランダ笠木交換工事

施工後

AFTER
施工前

BEFORE

お客様より、ベランダ・笠木の防水(ウレタン塗装)が切れてしまい、浸水が心配なのと見栄えも悪くなってきたので
見に来てほしいとの依頼を受け、まずは現調してきました。その上で、費用を抑えたいとのご要望もあり、
既存の笠木を解体・撤去せずに上から新規にアルミ笠木を被せる工法をご提案しました。
よく勘違いされるのですが、アルミの笠木自体には防水機能がありませんで、ただの飾り程度に考えていただきたいです。
したがって今回も、既存の笠木に防水テープをしっかりと敷設しました上でアルミの笠木を被せました。

家族構成 ご夫婦お二人
住所 市川市内
建物種別 一戸建て
建築年数 20年
工期 1日
総工費 約18万円(税抜)
追加画像1

施工前、笠木のウレタン防水が切れてしまい、見栄えも悪くなっていました。

追加画像2

防水性の高い、特殊素材のテープを慎重に敷設していきます。ここは時間のかけどころです。

追加画像3

しっかりと防水テープを巻き終わりました。職人さんの根気に頭が下がります… ここが今工事の胆なので、手抜き無し!です。

追加画像4

アルミの受け金具です。逆側からずっとアルミ笠木を被せてきて、あと1スパンで完了です。これで防水性も見栄えもバッチリです。