松戸市賃貸マンション大規模修繕工事

施工後

AFTER
施工前

BEFORE

松戸市にある当社の管理物件の大規模修繕が完了しましたのでご紹介いたします。

家族構成 鉄骨造3階建て
住所 松戸市
建物種別 賃貸住宅
建築年数 25年
工期 1ヶ月
追加画像1

足場の設置が完了しました。この現場は敷地がなく、また目の前がバス停のため足場資材の搬入トラックの停車が難しく搬入に苦労しました。

追加画像2

足場を設置すると電線が接近してしまうため、写真の黄色の防護カバーを電線に取り付け安全に配慮しております。

追加画像3

タイル不良部分をテープで印をつけ貼り替え箇所を算出します。この物件の様に構造体がコンクリートではなく、ALCの場合はタイル浮き部に樹脂を注入して接着させる工法が使用できません。そのためタイル貼り替え数量が増えてしまいます。

追加画像4

既存の屋上防水の劣化が著しいため、新規の防水層を施工する前に、既存防水層を全面撤去しました。

追加画像5

今回はウレタン防水の通気緩衝工法を選定しました。この写真のように、シートを敷いた上に塗膜防水を施工することにで、下地からの挙動や湿気による防水層の損傷を防止することができます。

追加画像6

ウレタン防水の上にトップコートと呼ばれる保護塗装を施工することで、防水層の延命させることができます。

追加画像7

床タイルの割れが多くあった、階段と廊下の床は塩ビシートを敷き防水性及び美観を向上させました。

追加画像8
追加画像9

非常にすっきりしましたね。念のため建物回りに除草剤も散布しておきました。